So-net無料ブログ作成
検索選択
哲学 思想 名言 ブログトップ

曽野綾子著「人間の分際」どう生きるか考えさせられる。 [哲学 思想 名言]

 人間の分際、 やればできるというのは、とんでもない思い上がり。

 本のタイトルとカバーメッセージは、弱き人間にはとても惹きつけられる言葉だ。中は1~2ページの短編でまとめられ、深いテーマであるが手軽に読むことができる。

 この本の主軸になっているのは逆らえない「運命」。不運、不幸、老いや苦しみといった人生の逆境をどう向き合うか。弱い人の目線で心に響く語りで説いている。

 人間、どんな人でも多かれ少なかれ、不運、不幸を背負っている。また幸福で順調な人生もいつまで続くかわからない。満たされた生活を送っている時にはほとんど気づかなかったことも、いざ失い始めた時に、その大切さを思い知る。それは誰もが心の内にあるだろう。

 また、老人の境地になれないが、最後は一人、そして最終的に味わう最大の境地は孤独と絶望と言い、それを克服する勇気こそ、晩年に最良の生き方ができるカギと説いている。

 競争主義、弱肉強食の社会の中、多くの弱き人たちは脱落し、苦悩と絶望で心が疲れ、 生きる力さえ失いかけている。そんな不安に包まれた状況に、考え方ひとつ、「分際」いまの正直な自分を受け入れることで、その重苦しさを幾分軽くすることができると示唆している。

 たとえ不幸、不運と思えども、小さなことにも幸福を感じ、それを大切にしていく心構えこそ、本当の幸わせ、生きがいを見出す力になると作者は語っているのではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

七仏通戒偈と十善戒 [哲学 思想 名言]

 東京都町田市に薬師池公園という、まだ里山の風景を味わえる景勝地がある。そこのちょっと小高い場所に薬師堂という木造の社がある。建物はそれほど大きくはない風格があり、御堂に祭られているご本尊の薬師如来は1270年前、行基菩薩が彫られたという言い伝えがある由緒あるお寺である。

 先日、まだ残暑がきつい中、薬師池公園を散策。その薬師堂を訪ね参拝した。さい銭箱の前に何枚ものチラシが積み重なっていたので、その1枚をもらってきた。
 
 家に帰ってから、そのチラシを観ると、そこには「七仏通戒偈」と「十善戒」という話が書いてあった。しみじみ読むとあたりまえのことであるが奥が深い。次のような話である。
 

 昔、唐代随一の詩人と言われた白楽天が、道林禅師という高僧に、仏教の真髄を尋ねたところ、

・諸悪莫作(しょあくまくさ) 悪いことは決しせず

・衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう) すすんで善い事を行い

・自浄其意(じじょうごい) 自分の心を清めなさい

・是諸仏教(ぜしょぶきょう) これが仏の教えですよ。

 という答えが返ってきた。それに対し、「白楽天はそんな事は3歳の子供でも知っているではないか」とむっとすると、「それでも80歳の老人でもなかなかできないものですよ」と諭されて、白楽天は敬服したという話であった。つまり、「わかる」ことと「できる」ことは、全く異なるということを示した逸話話である。

 それから、十善戒の話は、「悪をなさず、善を行う」という規範 で、

・不殺生(ふせっしょう) ころさず

・不偸盗(ふちゅうとう) ぬすまず

・不邪淫(ふじゃいん) おかさず

・不妄語(ふもうご) いつわらず

・不綺語(ふきご) かざらず

・不悪口(ふあっく) そしらず

・不両舌(ふりょうぜつ) たばからず

・不慳貪(ふけんどん) むさぼらず

・不瞋恚(ふしんに) いからず

・不邪見 (ふじゃけん) あやまたず

  つまり、普段の行いで気を付けなくてはならないことを、10のわかりやすい戒めにしたもの。これもあたりまえで、誰でも知るところだが、実行するのはなかなか難しい。すべての不幸や災いは、この戒めが崩れたところから始まるといえる。身からでたサビなども、まさにこれを怠った事にあろう。

  たった1枚のチラシであったが、日常の生活で忘れかけていた大切なものを呼び覚まされた。何気ない心の動きやちょっとした注意が他人を傷つけ、そして自分に跳ね返ってくる。その根っこになるところは日々の行いの中にあることを改めて教えられた。実に有意義な日を過ごすことができた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「ザ・メタ・シークレット」、仏教や禅の思想と共通している。 [哲学 思想 名言]

  「図解 ザ・メタ・シーックレット」という本を購入した。このシリーズは全世界で2400万部という驚異的なベストセラーのようだ。本のカテゴリーは精神・サブカルチャーに属しており、普通ならばちょっと敬遠する類であるが、中身をパラパラ観ているうちに、つい引き込まれてしまった。

  内容は宇宙には7つの法則があり、この現実の世界はその法則に従って成り立っている。つまり、それを熟知し、実行することで「望む結果」を手に入れることができるという手引書のようなものだ。

  ざっくり、この7つの法則を紹介すると

1.思考の法則

  自分の人生で自分の夢が実現すると信じて行動すれば、必ず成し遂げられることができる。

2.投影の法則

  自分の内側にあるものが、外側の世界に投影される。だから、外側の世界を変えたいならば自分を変えなければならない。

3.バイブレーション(振動)の法則

  光も色も言葉もすべて振動の要素を持っており、我々の感情はその振動に強く影響される。そして我々は似た振動に引き寄せられる。

4.極性の法則

  万物は対極する2つの性質を持っている。プラスとマイナス、金持ちと貧乏、楽しみと苦しみ、どんな困難な状況があっても、必ず反対側に良いことがある。

5.リズムの法則

  人生には調子が良いとき、悪い時が必ずある。リズムを知って上手く乗ることが大切。

6.両性の法則

  すべてのものには外側に発散される力、内側に引き込む力がある。どちらも決して悪いものではなく、それらがバランスが取れた時に新たな価値が生じる。

7.原因と結果の法則

  あらゆる事(結果)はすべて偶然ではなく、原因が存在する。原因より、自分の望む結果に対応させることが大切。

  ここに書かれていることは、すべて当たり前のことばかりであるが、改めて考えると普段それと逆のことばかりに心がとらわれている。つまらないことにダラダラ悩まされ、大事なことに目をつむっていることが多い。そんな事に気づかされる内容が多く書かれている。これらの内容はむしろ仏教や禅の中にある東洋的な思想に近いものがある。突き詰めるところは宇宙の原理、原則なのかもしれない。

  ただ仏教や禅では抽象的に説いているのに対して、このメタ・シークレットは実に論理的でわかりやすい。これが西洋的思想との決定的な違いであろう。いずれにしても、心が前向きになれる本である。一読する価値はあると思う。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

一般参賀、天皇からの復興への強いメッセージ [哲学 思想 名言]

 今日1月2日、新年恒例の皇居一般参賀が行われた。たしか昨年初めに天皇陛下は心臓の冠動脈バイパス手術を受けられ、それから数か月後も被災地に赴くなど精力的にご公務を続けられ、ご高齢にもかかわらず大変な年だったと記憶している。

 でも、今日こうして元気そうなお姿を拝見し、正直なところホッとした。そして、いつものような温かみのある声で被災地に心を寄せる言葉を述べられた。その一言ひと言には政治家が発する言葉の数百倍の威力はあっただろう。これは天皇の尊厳というより、人間天皇の「優しさ」や「思いやり」からくるもので、心に深く入り込んでくる。

  現在、皇室の一部に対する批判やバッシングに近い記事が観られるが、国民はもっと大らかに、暖かい目で見ることができないものだろうか。天皇、皇后陛下の考えやご心痛も察するべきで、特に女性誌はそうした記事を控え目にすべきである。

  さて、2013年の天皇からのメッセージは国民一人ひとりの幸せを心から願うという言葉で締めくくっている。格差社会、個人を大事にしない社会と言われている昨今、今年は個人個人の幸せを真剣に考えたい年である。それには皆が前向きに努力し、そして「絆」や「思い」やりを大切にすることである。ぜひ、そんな社会が実現するよう、私自身も小さな力であるが何か貢献していきたいと考えている。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

NHK仕事への流儀、俳優高倉健の生き方と魅力 [哲学 思想 名言]

  9月8日NHKプロフェッショナル仕事への流儀で映画俳優高倉健さんが出演されていた。

  不器用で、寡黙、そして義理がたく、人情が厚い。孤高なイメージが強く、近寄りがたい感じがするが、本当の素顔は気さくで、おシャベリが大好きな普通の人柄であった。

  番組は、205本目の映画「あなたへ」の撮影現場を取材、刑務所の指導技官・倉島英二を演じる高倉健に迫った。この映画は、ただの一職員の男が、人とのふれあいを通じながら、亡き最愛の妻の思いに触れていくという心の描写が中心で、地味なストーリで構成されている。そんな繊細な役柄を、時間をかけながら、自分の心と向き合い、本物の主人を演じる、一瞬の演技に懸ける真剣さ、気迫はすごく、「一度きりに生きる」という彼の信条が重なっていた。

  健さんが言うには、芝居はその人の生き方がでる。つまり、日頃の自分を磨いていなければ、その一瞬さえ本物は出ないということらしい。厳しい世界で真剣に戦っているからこそ、そうした言葉が自然に出てくるのだろう。

  常に緊張感を持ち続ける人生は、疲れてしまうが、現在の日本は、あまりにゆるく、理屈っぽい世界になっている。政治の世界も言い訳だらけで、何を信じてよいかわからない。そんないま、高倉健のような真摯に生き方は、魅力的で、ひとつの憧れを感じる。

  番組が終わり、チャンネルを変えると、相変わらずお笑い番組で、みんながバカ笑いしている。ふざけた言葉を相手にぶつけて笑いをとっている。まったく正反対の世界が繰り広げられている。これが悪いとは言わない。けれども、本当にこれでいいのかと疑問を感じてならない。

  東日本大震災から1年半が過ぎた。いまだ復興も見えず、原発政策の方向性もはっきりしない。今の日本は、どこか真剣さが足りず、損得勘定ばかりで、大事な事はひとつも進でいない。健さんのような人生観は、現代社会ではとても古臭いものと敬遠されがちだが、そうした考え方や思想が日本の政治、仕事や生活に少しでも息づくけば、どこか力強い「本物」が生まれてくるような気がする。

  もう80歳を超え、高齢の域に入っておられるようだが、健康に気を付け、これからもまだまだ若い人たちに刺激を与え続けてほしい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

茂木健一郎「ひらめきの導火線」を読んで。 [哲学 思想 名言]

 たまたま、本屋の書棚で茂木健一郎の「ひらめきの導火線」という本が目に止まり、購入して読んでみた。

 最近、啓蒙本が多い中、人間の脳の特質と精神論をつなぐ、科学者茂木ならではの面白い視点で展開される本である。

 その中で、「ほのかに灯った火を、見逃さないこと。小さなともしびへの気づき。その積み重ねが導火線となり、やがては大きな炎にたどり着く。」とある。

 たった小さな思いつき、ひらめきも、大切にして、それを辛抱強く続けること、それがやがて大きな仕事や大事業に結びつきくといった喩えであろう。それを炎に見立てたのはうまい表現で、イメージも湧きやすい。

 自分もちょっとしたキッカケでこのブログを書き始めた。もう約2年経つ。特にアクセス数を増やそうと特別な努力もしていないし、書いている内容も地味なものばかり。それでも最近は1日約200~300件アクセスがあり、今日で累積アクセス数が100,000件を越すことができた。まあ、人気ブログと比較すれば桁違いに少ないペースかもしれないが、私としては、この数字に驚いている。

 このブログが自分にとって大きな炎になるかどうかは考えていない。ただ、自分の中では、その存在が少しづつ大きくなっている。時折、書くことも辛くなる事もあるが、なるべく習慣化しなければと懸命に続けている。ジャンルは今日の政治から自分の趣味まで、何でもありの雑記帳である。

 それでも自分の考え方や生き方を、誰かが共感してくれれば非常にありがたい。そんな想いでまだまだ続け、導火線に火を灯し続けるつもりだ。

ひらめきの導火線 (PHP新書)

ひらめきの導火線 (PHP新書)

  • 作者: 茂木 健一郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/08/19
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

人生の羅針盤「カーネギー名言集」を読んで。 [哲学 思想 名言]

 今日は朝からどんよりした梅雨の一日。時々小雨がぱらつく。 晴れていれば、家庭菜園で土掘りの大労働の予定であったが、この天気ではとてもできそうにない。たまにはのんびりと休養日にすることにした。

  先週、図書館から「カーネギー名言集」なるものを借りてきた。この前、Eテレの夜の番組で「スタンフォード大ティル・シーリグ氏の白熱教室」を観て、さらに何か刺激を受けられるような教訓本を読みたくなったからだ。

 カーネギー名言集 新装版

カーネギー名言集 新装版

  • 作者: デール カーネギー
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本

 最近、日本の政治、経済、社会は閉塞感が漂い、明るい話が全然ない。震災や原発事故で重い空気がのし掛かっているのも事実であるが、それだけではない。日本人全般に「元気」、「夢」、「希望」といった活力が失せてきている感じがする。自分自身若くないこともあるが、ちょっとポジティブな気力が衰え、何か大事なことを置き去りにしている気がしてならなかった。だから、このような教訓本を欲しているのかもしれない。

 この本はカーネギー自身の言葉だけでなく、彼が生涯かけて集めた価値ある貴重な人生哲学の引用句や抜粋が収められている。のちにカーネギー夫人がまとめた上げたものという。

 ここには古今東西の著名人の言葉がズラリ並んでいるが、それらの思考、信条は時代や地域を超え、現代社会でも十分通用する内容だ。そして、その言葉のもつ魂は全く衰えることはない。

  私自身のちょっと心に響いた言葉を紹介すると、

「最大の名誉は決して倒れないことではない。倒れるたびに起き上がることである。(孔子)」

「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイディアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに。(トーマス・エディソン)」

「私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けた。(ジョン・D・ロックフェラー)」

「不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない(カーネギー)」

  たぶん、これらが今の自分にとって、最も惹きつけられる言葉なのだろう。仕事に対する壁、失敗を恐れる気持ち、そんなモヤモヤがこれらの言葉に引き寄せられたようだ。

 だから、人によって心を揺さぶられる言葉は違い、各々が自分の信条とする教訓を選べばいい。

  昼から3時間で全部読み終え、様々な物の見方、考え方を知ることができた。ただひとつ共通する教訓が頭に浮かび上がってきた。それを要約するならば、現実は厳しく、苦しい。しかし、心の在り方、物の考え方でマイナスからプラスへと大きく変えることができる。そして、それを実現できるのはすべて自分次第ということだ。

  読んでいるうちに、少し気持ちに若さが蘇ってくる気がする。もしかしたら、心の持ち方こそ、若さの秘訣なのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
哲学 思想 名言 ブログトップ