So-net無料ブログ作成
検索選択

五輪エンブレムの類似性 [社会・生活]

 東京五輪2020年のエンブレムデザインの盗用疑惑が問題になっている。デザイナー佐野氏の作品とベルギーの劇場のロゴだ。

 確かに並べてみるとよく似ているが、制作過程が公表されると偶然性も十分考えられる。ロゴデザインはシンプル性が重要であり、特に「T」の文字をデザインすると、その単純さゆえに同じような作品ができてくる可能性は十分ありうる。ただ、同じデザインの存在を知っていたかどうか。問題はそこにある。

 しかしながら、こうしたことも考えられる。ベルギーのデザイナーがそのロゴを作る前に、もしかしたらほかのデザイナーが同じようなデザインを作っていた可能性もある。さらにそれより以前にも同じようなものを・・・。むしろ、重要なことはどちらのデザインの方が優れているかだ。

  つい最近でもアップルがアイホーンのデザインをサムスンが盗用したという訴訟があった。企業の利益問題がからみ、激しい徹底抗戦があったと記憶するが、現在、普及しているスマホはすべてアップルのデザインに、見た目もコンセプトもほぼ同じ。結局、限られた条件の中では類似してしまうようである。

  佐野氏の疑惑は、その後、様々な商品などで安易なデザインの模倣が指摘され問題になった。これはまずいことであるが、社内デザイナーのモラルの低さ、それを監督する佐野氏の管理責任からくる問題であろう。これと東京五輪エンブレムデザインと結びつけることは、本質的に違うと考える。

 ゼロベースの見直しになった新国立競技場は、多額の工事費だけでなく、デザイン的に非日本的で、個人的に好きになれなかったが、東京五輪エンブレムに対しては伝統的な和とユニバーサル的な感覚もあり、はじめて見たときはさすが、質の高いデザインと素人ながら思った。

 ベルギーのデザイナーは訴訟を起こしているようだが、今後どうするのか。コンペで公募された他のデザインも探せば必ず類似が出てきそうであり、キリがないような気がする。もう一歩、修正を重ね、折り合いをつけてみてはどうだろうか。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ペヤングソース焼きそば、改めてファンになりそうだ。 [医療・厚生・食品]

 ペヤングソース焼きそばを買ってきて食べてみた。なかなかうまい。
今年の始め、ゴキブリ混入事件で世間は大騒ぎ。製造元のまるか食品㈱は商品生産をストップし、最新の衛生的な新工場に造り直し、そこで生産するという大英断を下した。拍手ものだ。そして、6月ごろから販売が開始され、各店頭に並び始めた。
 
 以前からペヤング人気というのがあったらしいが、最近どこのスーパーでも目立つところに山積みで売られている。おそらく売り上げは相当アップしているのではなかろうか。
 
 このペヤングより、少し前の時期にマクドナルドでも事件があった。中国の鶏肉加工工場内での不衛生な映像、そして賞味期限切れの鶏肉の発覚、そして異物今夕事件などで、急速に客離れが進み、かつての絶対的なブランドイメージは大きく失墜した。さらに状況を悪化させたのは企業トップの姿勢であった。消費者に対する食の安全、安心に対し、迅速にきちんと向き合わず、さらに売り上げのテコ入れに力を注いだため、消費者に大きな不信を買ってしまったことだ。信頼回復には相当な時間がかかるだろう。
 
 マックとペヤング、そうした点では対照的であった。
 これまでペヤング商品を買ったことはなかったが、これがきっかけでペヤングソース焼きそばファンになりそうだ。食の安全と安心。安くておいしいだけでなく、そこが一番大事なところだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多発する電車人身事故 [社会・生活]

 最近、首都圏の通勤電車では、ほぼ毎日のように人身事故が発生している。そのたびに、大勢の人たちが大混乱に陥り、大事な時間を失っている。人身事故の内容はホームからの転落、不注意な事故もあろうが、ほとんどは自ら命を絶つためのものと思われる。迷惑に対する憤りを感じる一方、「なぜ、自分の命をもっと大切にしないのか。生きたくても生きられない人達が多くいるのに・・・。」と虚しさがいつもこみ上げてくる。

 世界を見渡せば、紛争やテロによる爆撃で住むところを失っている人たち、食料や水が不足し飢えや疫病の恐怖におびえる人たち、普通に生きれることが奇跡であり、命がけで生きている。それに比べれば日本の環境は天国といえよう。

 世界の人を対象にした2015年の幸福度ランキングの中で日本人は158か国中46位。悪くはないが決して良くもない。平均寿命は男女平均世界一、経済力は世界第3位、戦争もなければ、水も食べるものも豊富、そして公衆衛生が最も行き届いた国である。

 ただ、人というのは常に不幸を引き込まれていくものだ。たとえ恵まれた環境の中でも、最悪な人間関係や借金、病気、様々な不幸要因はある。そこから抜け出せない絶望感から生きる望みを失っていく人も多い。中には家庭内での虐待や学校内のいじめなど、人が自ら不幸をつくり出しているケースも年々増えている。幸せな国の中で、多くの不幸が渦巻いているのも事実だ。 


 その人たちの本当の苦しみを理解することはできないが、ただ、生きる望みは捨てないでほしい。生きていれば何かチャンスが訪れ、そこから新しい人生を紡ぎだせる可能性がある。著名人や事業に成功した人たちの中で、人生のどん底から本当の幸運をつかんだという話をよく耳にするものだ。

「生きていく幸せ」は、悩みがなく心が常に満たされていることが条件なのかもしれないが、「生かされている幸せ」、それがどれだけありがたいことなのか、それに気づかねばならない。生かされていることは未来の幸せのチャンスも同時にあるのだ。もっと命を大切に、未来にもっと期待したいしてほしいことを切に願うばかりだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

七仏通戒偈と十善戒 [哲学 思想 名言]

 東京都町田市に薬師池公園という、まだ里山の風景を味わえる景勝地がある。そこのちょっと小高い場所に薬師堂という木造の社がある。建物はそれほど大きくはない風格があり、御堂に祭られているご本尊の薬師如来は1270年前、行基菩薩が彫られたという言い伝えがある由緒あるお寺である。

 先日、まだ残暑がきつい中、薬師池公園を散策。その薬師堂を訪ね参拝した。さい銭箱の前に何枚ものチラシが積み重なっていたので、その1枚をもらってきた。
 
 家に帰ってから、そのチラシを観ると、そこには「七仏通戒偈」と「十善戒」という話が書いてあった。しみじみ読むとあたりまえのことであるが奥が深い。次のような話である。
 

 昔、唐代随一の詩人と言われた白楽天が、道林禅師という高僧に、仏教の真髄を尋ねたところ、

・諸悪莫作(しょあくまくさ) 悪いことは決しせず

・衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう) すすんで善い事を行い

・自浄其意(じじょうごい) 自分の心を清めなさい

・是諸仏教(ぜしょぶきょう) これが仏の教えですよ。

 という答えが返ってきた。それに対し、「白楽天はそんな事は3歳の子供でも知っているではないか」とむっとすると、「それでも80歳の老人でもなかなかできないものですよ」と諭されて、白楽天は敬服したという話であった。つまり、「わかる」ことと「できる」ことは、全く異なるということを示した逸話話である。

 それから、十善戒の話は、「悪をなさず、善を行う」という規範 で、

・不殺生(ふせっしょう) ころさず

・不偸盗(ふちゅうとう) ぬすまず

・不邪淫(ふじゃいん) おかさず

・不妄語(ふもうご) いつわらず

・不綺語(ふきご) かざらず

・不悪口(ふあっく) そしらず

・不両舌(ふりょうぜつ) たばからず

・不慳貪(ふけんどん) むさぼらず

・不瞋恚(ふしんに) いからず

・不邪見 (ふじゃけん) あやまたず

  つまり、普段の行いで気を付けなくてはならないことを、10のわかりやすい戒めにしたもの。これもあたりまえで、誰でも知るところだが、実行するのはなかなか難しい。すべての不幸や災いは、この戒めが崩れたところから始まるといえる。身からでたサビなども、まさにこれを怠った事にあろう。

  たった1枚のチラシであったが、日常の生活で忘れかけていた大切なものを呼び覚まされた。何気ない心の動きやちょっとした注意が他人を傷つけ、そして自分に跳ね返ってくる。その根っこになるところは日々の行いの中にあることを改めて教えられた。実に有意義な日を過ごすことができた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

異常気象。野菜工場の出番かもしれない。 [産業・企業]

 この暑い夏はいつまでつづくのか。

 この日照りで土もカラカラ。趣味の家庭菜園も作物はぐったり。今年は虫も異常発生し、ナス、キュウリの葉っぱが虫食いだらけである。農薬をかけたくないので、そのままにしているが、実までかじられ、商品だったら完全にアウトである。

 しかし、スーパーで売っている野菜は相変わらずきれいだ。無農薬ではまず無理と思うが・・・。

 最近、植物(野菜)工場なるものが世の中に出現し、空き工場に栽培用のプラントを入れ生産しているようだ。初期費用や光熱費を考えると、とても露地栽培には敵うはずはないが、近年の異常気象や害虫などの被害、あるいは無農薬などを考えれば、決して採算がとれないものではなさそうな気がする。

 また、台風などが直撃したら、ビニールハウスや露地の作物はひとたまりもない。天候に左右されず、安定した収穫ができる野菜工場は結構良いビジネスかもしれない。 

 過酷な労働も、いつかロボットが担い、野菜がすべてオートメーション生産になっている日が来るのも、そう遠くないかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

戦後70年、平和への節目 [社会・生活]

 終戦から70年。戦争を知らない世代にとって、それは遠い過去の歴史である。 これまで、戦争の悲惨さを知る世代が日本の平和を守り抜いてきたが、これから次の世代が受け継がねばならない。戦争を実体験していなくても、平和の有難さは十分知ることができる。何事もない平凡な暮らしこそ、最高の平和の証であり、我々はこの「当たり前の平和」に対して、不感になってはならない。
 
 しかし、社会における日常の様々な不満や怒り、外国からの挑発や威嚇、また民族的なナショナリズムなど、人々の心が平和から揺さぶられる要因が多々ある。 最近、以前の日本では考えられない事件が毎日のように勃発しており、遣り切れない気分になることが多い。他人への思いやりや協調性など、これまで大切にされていた精神が薄れてきている。競争社会、個人主義化が原因なのか、こうした空気は平和な社会を少しづつ蝕んでいくように思える。
 
 また、国家の行方も気になる。安全保障関連法案もうまく使えば、戦争の抑止力になるかもしれないが、一歩間違えれば戦争法案に化してしまう。これは原子力と同じで、利益と大きな危険が表裏一体にある、とてもハイリスクな法案である。いま与党が利益面だけ都合よく強調して説明しているが、これをそのまま信じ込んではいけない。この法案は、原発と同様に2重、3重のセキュリティーが必要であり、暴走しないための抑止力をもっと強化しなければならないと考える。
 
 いまの政治は、物事をすべて国益で判断する風潮が強い。欧米や中国、ロシアに対しても国益をもっと主張して対等な交渉で臨むべきで、いつまでも敗戦国のレッテルを張られたままではいけないという機運が高まっている。 しかし、日本が戦争に突き進んだのもこうした国益主義であり、そのとき軍部が力を持ったことにある。何か戦前の日本の空気に似てきた感じがしてならない。 毎年、戦争と平和のこのような話も8月始めから2週間ほど、テレビや新聞などの特集で深まるが、8月15日の天皇陛下の慰霊のお言葉で締めくくられ、それを境にピタリと日常の生活に戻る。 この期間にどれだけの人たちが戦争と平和について考え、何かを思い、感じたか。
 
 国家の平和はやはり国民一人ひとりの心にある。特にこれからの若い世代、そして子供たちに伝えていかなければならなく、心の中にしっかり残していかなければならない。 戦争を知る世代から受け継ぐバトンは実は平和を守るための「心の掟」のようなものかもしれない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新国立競技場、地震対策もしっかりと。 [教育・科学・技術]

 新国立競技場はゼロベースで再計画。本当に間に合うのだろうか。

今度は国民の厳しい目が光っており、予算オーバーは許されない。だからと言って、国家の威信をかけた大プロジェクトであり、経済性を最優先し、北京、ロンドン、リオオリンピックのメインスタジアムより見劣りのするようでは、これも国民の納得が得られないだろう。安倍首相は国のすべての総力を結集し、今後世界で模範になるオリンピックスタジアムを造ることが、国民の期待するところである。日本の実力を考えれば決してハードルが高いものではなく、数か月後にはアッと驚く、最高のプランが出てくると信じている。

 個人的には、前回のデザインコンペで3位入選したSANAA案の実現に期待を寄せているが、これも予算的には大胆な変更が必要であろう。

できれば日本の素晴らしい文化、芸術の香り、卓越した先進技術等が盛り込められた建築を観てみたい。世界中もそれを期待していることだろう。

 ただ、地震大国の日本。デザインや競技機能ばかりに気を取られていてはいけない。やはり防災対策が要求事項の最上位に位置づけられるべきであり、日本の技術力を世界に示す最大のチャンスとも言える。

 あと5年、限られた時間の中でどれだけの事ができるか。日本の底力が試される時である。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

猛暑に電力不足の声が聞こえない。 [産業・企業]

連日、猛暑が続いている。全国各地で35度を超える日が1週間以上続き、熱中症による救急搬送者数、死亡者数も悪い記録を更新しそうだ。暑い夏が好きな私だが、さすがに日中は外に出る気がしない。猛暑というよりも酷暑と言った方がしっくしりくる。

さて、この夏もうひとつ気になることがある。電力不足だ。

東日本大震災の原発事故以降、すべての原発は停止され、再稼働しているのは現在ゼロである。

これまで国民には原発が無ければ、日本のエネルギーを十分に賄うことは出来ず、経済は崩壊する。だから原発は必要不可欠なものと説明されていた。

しかし、どうだろう。この異常な暑さで例年以上に消費エネルギー量はピークに達していると想像するが、特に電力不足の声は聞こえてこない。国は節電どころか、熱中症にならないようにエアコンの使用を呼び掛けている。数年前と比べ、太陽光発電や風力発電、あるいは国民の節電に対する意識の浸透もあるが、それほどエネルギー事情は大きく変わっているとは思えない。そもそも、あの時点で原発が無くても、電力を賄うには十分なキャパシティーがあったのではと疑ってしまう。

原発は燃料自体は原油などと比べ経済的であるが、維持管理に莫大な費用がかかること、また使用核燃料棒の処理に行き詰っていることも明らかになり、決して有効な発電手段でないことが国民に知らされた意義は大きい。ある意味でやっと国民が将来のエネルギーについて考えられる素地ができたと言えよう。

この夏を乗り超えれば、原発なしでもやっていかれるだろう。そして、安心して太陽光発電をはじめとする化石燃料を使用しない再生エネルギーや水素社会への移行など、新しいエネルギー社会の構築に邁進することができるのではないか。もう、以前のような原発再稼働の話は必要ないような気がする。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog