So-net無料ブログ作成
検索選択

安全保障関連法案、トコトン議論を尽くし国民投票すべき。 [政治・政局]

安全保障関連法案が強引に可決に向け進められている。

「武力」をどう扱うか。

ある意味で、「原子力」とよく似ている。平和利用という目的で、発電所の燃料として上手く活用できている分には良い。しかし、ひとたびその域を超えた瞬間に誰もコントロールすることはできない。

安倍首相が言っている平和目的の集団的自衛権も理解できる。同じようにその目的、その域だけに納まっていれば良いが、法的に容認して、自立させることは一種の歯止めが外れることにつながる。つまり様々な武力行使の可能性が合法的に拡大できることを意味する。

国民が一番心配しているのはそこだ。国民は基本的に政治や政府を信じていない。政治家や役人を法で縛らなければ安心できないのだ。

現在の法律では軍事的に大きな不利な状態に陥っても、自国に攻め入られる以外は全く武力を行使できない。そうした事態になれば当然自国民にも多くの犠牲が出るのは避けられない。また何も手出しできないことをいいことに、近海にミサイルを撃ち込んで挑発したり、領海内に平気で侵入し、海底調査など行なう等、某諸国はやりたい放題。これらの行為に対して、我慢し続けなければならないし、またアメリカに守ってもらう為には基地の提供や莫大な防衛費を支払わなければならない。こうしたこともいまでは高いハードルになる。

しかし、集団的自衛権が法的に容認され、専守防衛のみだった自衛隊が自立して自国を守るというスタンスに立った場合どうなるか。その性格は軍隊に変貌するように思える。自衛隊を軍事力という尺度で観れば決して他国の軍隊に引けをとるものではない。総合軍事力では実質アジア第2位、世界第5位と言われ、最新の戦闘機をはじめ、準備はしっかりできている。戦える日本に変わった時、近隣諸国の緊張感は大きく増して、外交上にもこれまにない変化が生まれてくるだろう。

友好国は理解を示しても、反日意識が特に強い国々はどのような警戒感を抱くか。アジア周辺諸国との平和構築に無塚しい課題を投げかけている。パワーゲームにパワーで対処することは必ずしも得策ではない。

現在はイスラム国やテロ等あり、これまでの戦争の概念違ってきているのも事実である。1国の防衛システムだけではとても手に負えるものではない。防衛の在り方も国際社会を含め従来と違った考えが必要であり、現在、脅威としている国が本当に危ないのか、友好の手立てがないのか、もっと大枠で検証する必要がある。

先の大戦で、最悪の敵国としていたアメリカやイギリスは、本当に命を懸けて戦う意味のある敵国だったのか。いま仮想敵国としている国は観光客として大勢きているし、また日本に憧れている感じもする。何か大きな読み違いをしている感じもある。

そうしたことも含め、大きな視野でこの安全保障の問題をトコトン議論し、国民の納得のいく結論を出すべきと思う。

これまでのような防衛しかし、先の大戦のように自らが加害者側に立ってしまうことは絶対あってはならない。あの時も国民はそうなることを望んでいなかったが、大きな犠牲そのことを含めてトコトン納得のいく議論を聴いてみたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新国立競技場、SANAA案浮上に期待。 [文化・歴史・芸術]

安倍首相の新国立競技場白紙撤回は英断だ。

予算もさることながら、あのデザインが本当に良かったのか。流線型で未来から来た巨大宇宙船のようなイメージは非常に素人受けしそうであり、このインパクトのある建築がオリンピック招致にプラスになったことは間違いない。

でも、このデザインを観て多くの感性ある日本人はどう思っただろうか。ハッキリ言って「好きになれない。日本的ではない。」という意見が多かったのではないだろうか。

このド派手なアイデアを出したのは英国在住のイラン人女性建築家で、これまでも斬新すぎて実現しない建築も多々あるといういう。今回のような予算の大超過、事業中断は初めてではないようだ。

あの巨大な建物も上空から観ればデザインの凄さは伝わるが、人の目線で見た場合どうだろう。あまりの巨大さでただの土木構造物を観ている感じになるのでは。また平和な国、日本を象徴するには威圧感が余りに強すぎる。

今回、国際コンペという透明性、公正性のあるシステムで選ばれた案というが、やはりその時の選定委員たちの基準に「オリンピック招致に絶対勝てるような迫力あるシンボリックな建築」という意識が大きく影響していただろうし、共通認識だったように思える。

ある建築雑誌にコンペで応募された競技場案がズラリ記載されていたが、やはりザハ・ハディッドさんの建築は圧倒的パワフルで、ここで勝ち抜いたのは理解できる。コンペの選定委員長が安藤忠雄さんでなくても、彼女の作品を推す声は多かっただろう。基本的には予算内で建築できることを前提に応募されたアイデアコンペである。今回の問題はデザインと予算、つまり事業性に対するチェックシステムが曖昧であったことだ。ある意味、良い学習ができたこと、また引き返しができたことは今後の良い教訓になろう。

さて、今回のコンペの中には迫力以外の面で、いくつかの秀作がある。特に日本の建築事務所SANAA:妹島和代+西澤立衛の建築は素晴らしい。ザハさんのゴッツイ流線形とは全く別物で綺麗な流線で柔らかくデザインしている。SANAAの建築はシンプルでとにかく美しい。できればこの建築を新競技場として実現することを期待したい。

この建築も実際試算をすれば恐らく予算オーバーする可能性は高い。しかし、設計事務所、ゼネコンも自分たちの儲けよりも、日本のメンツにかけてもひと肌脱いでもらいたい。これはもはや国家の威信をかけた大プロジェクトである。歴史的に残る名建築を、国民の納得のいく形で、またオール日本総力を挙げて進めてもらいたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog