So-net無料ブログ作成

おもてなし精神でものづくり。これが日本の強みだ。 [社会・生活]

 いつもふらりと入る馴染みの書店。気がつけばアニメゾーンが大幅に増床し、専門書ゾーンがジワリと狭まっている。確かに商売として考えれば、売れない難しい本を多く置くより、子どもが小遣いをはたいても買うマンガ本を棚に入れていた方が絶対に得策。個人的には残念であるけど仕方ないことだ。今は立ち読みができないように、本はビニールに包まれ陳列されている。そのためか、書店の雰囲気は、そのゾーンを境にガラリと変わり、異質な空気が漂ってくる。

 最近ではアニメ、マンガもすっかり日本を代表する文化の一つとして挙げられ、一昔前のように「下らない娯楽本」と見下げることはできなくなった。海外ではその日本のアニメが美術館でも展示されるほど、芸術的な評価を得ているのだから、ちょっと戸惑さえ感じる。どうして世界中でこんなに評価が高いのか、きっと不思議に思う日本人も多いことだろう。

 これは日本のラーメン、カレー、そば、うどん、お好み焼き等の一般大衆の食文化が、いま海外で非常に注目を集めているのと共通した現象と考える。我々が普段あたり前と思っている食文化が、外国人にとって新鮮で驚きであり、しかもその完成度に感心させらたという話はよく耳にする。いわゆる日本のおもてなし精神がものづくりや食づくりを通じて、世界でも群を抜いた製品や食、あるいは文化を築きあげてきた成果だと思う。

 私はあまりアニメには関心ないが、ビニールに包まれていない雑誌をパラパラ観ると、確かにうなづけるものがある。内容は決して上等とは言えないものでも、絵の繊細さや完成度は日本人ならではの丁寧な仕事が表れている。手抜きをせず、真面目に取り組む姿が目に浮んでくる。

 それから、もうひとつの特徴として、普段、自己表現が下手で目立つことが苦手な日本人が、アニメの世界になると実に大胆で表現力豊かになる。ハリウッド映画顔負けの大アクションが展開されたり、逆に心の繊細な描写や自然の大切さ、人との絆など、非常にデリケートな物語など、その表現方法の自由さや幅の広さは、日本アニメの大きな特徴とも言っていい。そうしたことも多くの人を惹きつけているのではないだろうか。

 何でもまじめに取り組んで、一級品にしてしまうのは日本の誇るべき文化である。産業面では安くてそこそこの品質の製品を作る新興国の追い上げで、日本の工業の時代はもう終わりという声もよくあるが、これらの商品が市場に溢れるほど、メイドインジャパンのブランドが際立ってくるように思える。

 日本のものづくりの特徴は高度な技術にだけ表れるものではなく、むしろ普通の「何でもないところ」に潜んでいるのが凄いのだ。だから、いつまでも日本悲観論ばかり言っていないで、もっと自信を持ち世界に臨むべきであろう。アニメや食文化だけでなく、まだまだ誇れるものが目の前に無数転がっているような気がする。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2020年東京オリンピックに向けて日本再生を! [社会・生活]

 2020年東京でのオリンピック開催の決定は、停滞を続いていた日本に、久々に元気の出る話題になった。バブル崩壊以降、日本は常に後ろ向き思考で、気が付けば世界第2位の経済大国から3位に転落と同時にこれまで絶対的といわれていた経済競争力でさえ新興国に脅かされるほど、かつての勢いを失った。国内も東日本大震災の傷跡も絶えず、原発では汚染問題の解決の糸口させえ見つからない。そんな日本に、今回のオリンピック開催は大きな目標ができ、いままで硬直していた様々な問題をもう一度見直すキッカケにもなる。日本再生の絶好のチャンスだ。

 そこで、いまの日本を変革することを色々考えてみた。次に思い浮かべたことを記してみる。

①子供から高齢者までスポーツで健康づくり。

 いまの子供は家の中でゲームばかり、大事な成長期に体を動かす機会を失っている。子どものせいではなく、むしろ、社会のしくみがそうさせていると思う。提案としては、「生活の中でふれあえるスポーツ(体を楽しく動かせる)空間」。たとえば市民がいつでも参加できるスポーツイベントを増やす、身体を動かせる場所、公園あるいはウォーキングゾーンの増設、整備など、そうしたことで普段の生活の中でスポーツに気軽に接せられる社会ができれば嬉しい。スポーツは高齢者の健康増進にもなり、年々増加する医療費も抑制にもつながる。子供からお年寄りまで、みんながスポーツに関心を持ち、身体を動かせれば、きっと元気で活力のある社会になっていくと思う。

②おもてなしの街づくり

 プレゼンテーションの時、滝川クリステルが日本のおもてなしを紹介したが、「これが日本文化だ」と誇れる街づくりをしてもらいたい。ただ見かけだけの小奇麗な街ではなく、もっと歴史や伝統や文化の香り、そして現代日本の良さなど、そんな他国にない街づくりを目指してほしい。また、建物や交通インフラだけでなく、そこに住み、働く人々が生き生きした都市や街なければ魅力はない。まず、日本人の心がゆったりと安心して、海外からたくさんの観光客を迎える体制大切だ。それには日本人にとって苦手な言葉(英語)や海外の風習や文化も受け入れる心構えなど、あと7年間で国際化していくことも必要といえる。まさに人々も変わっていかなければいけない。

③環境共生の街

 かつて江戸は約8割が緑に覆われ、川や海いを生活や産業に上手に活かした世界最高のエコ都市であった。しかし、それから170年、現代の東京はその真逆に進展し、膨大エネルギーなければ機能しない大消費マンモス都市である。これからの地球環境問題を考えれば、このままではいけない。建物などの省エネルギー化はもちろんであるが、都心に街路樹や小さな公園、あるいはビルの緑化など、自然環境の割合を高めていく必要がある。現在のコンクリート砂漠から、緑の中の都市に変革できれば、夏のヒートアイランド現象もかなり解消できるのではないだろうか。

④日本全体が観光地化

 オリンピック時には大勢の外国人観光客が訪れる。当然、観光で日本の名所巡りだけでなく、普通の街並み等の散策したりすることもあろう。観光地は立派であるが、一歩裏に入れば愛想のない街、人々では、とてもおもてなし文化の国とはいえない。東京だけでなく、日本全国すべて観光地というスタンスで、町おこしをしてみたらどうだろう。

 お金をかけて綺麗に整備するのではなく、自分のテリトリーをしっかり整える。一つの成功例として、瀬戸内海の島々で繰り広げられている現代アートの街づくり 、まだ10年足らずと聞くが、観光資源が全くなかった島々が、いまでは年間100万人以上訪れるそうだ。島の一般の人たちまでが自分の家に暖簾をかけるなど自主的に観光に参加することで、島全体が芸術文化で生き生きとしているという。これまで商業、経済だけで街の開発を行っていたが、文化を軸に切り替えていくことも、これからの日本の都市、街づくりとしてふさわしいと考える。

 以上、街づくりの話ばかり多くなったが、やはり器は大事で、その器に何を求めているかで大きく変わる。今回のオリンピックをバブルと捉え経済の波及効果や一儲けのタネばかりに考えている人々も多かろう。しかし、その論理だけでこのビックチャンスを進めたら、間違いなく100年間後悔する。これまでの反省を踏まえ、政治がリーダーシップをとり、日本再生に向けて取り組んでもらうことを望む。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「原発汚染水、地下水に混入」、もっと深刻さが必要。 [環境・自然]

福島第一原発の地上タンクから漏れた汚染水が、地下水に到達した可能性が高いという。

そんなリスクは前から分かっていたはずだ。このままでいけば海に、そして地下水に放射性の毒素は流れ広い地域に拡散していく。状況は極めて深刻だ。

しかし、ニュースや新聞の報道はどうだろう。淡々と状況説明するだけで緊迫感が殆ど見られない。本来ならば一面トップの記事だが、重要度は3,4番目程度にしか扱われていない。

逆に世界の方が危機意識が高く、原子力問題に対する日本の認識の甘さが大きく露呈している。このままでは、日本は放射能汚染大国のレッテルを貼られ、世界中から日本のブランドであった「安全な国」の信用を完全に失ってしまう。

そして、何よりも国民は本当に住めない国になる危機意識をもっと持たなければいけない。メディアにもそれを喚起させる責任がある。それが政治に大きく反映する。 

安倍首相も外交ばかり精を出しているが、この原子力問題を色々ある中の1課題程度に扱っていないか。この問題はナンバー2クラスの実力派大臣を担当させ、予算は度外視し、国家の威信をかけて取組んでほしい。アベノミクスで景気が上昇などと浮かれている場合ではない。日本の知力、技術力、それだけでなく世界の英知を結集し、一刻も早く核燃料棒を抜き取り、汚染水を処理する技術を確立することが最優先と考える。

是非、安倍首相には強力なリーダーシップを取ってもいたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

日本、韓国の歴史問題を考える [外交・防衛・海外]

日本の歴史認識、この問題に対する韓国の言動や行動が益々激しくなっている。

特に従軍慰安婦問題は尋常ではない。ソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置しただけでなく、アメリカ各地で慰安像や石碑の設置計画が進められている。反省を促しているのか、あるいは嫌がらせなのか、しかし、一番恥をさらされているのは当の慰安婦本人だと思うのだが・・・。「思いやりのない反日宣伝活動」としか観えない。

韓国政府自ら、現代の韓国は世界有数の売春大国であることを認めているし、他国と比較しても性犯罪は極めて高く、大きな社会問題になっているのは海外でも知られた話だ。元慰安婦は女性としての尊厳を傷つけられたとしているが、現代の売春婦(昔ならば慰安婦、性奴隷?)ならば問題ないのか。きちっと報酬で解決しているから良いのか。そんな問題ではない、女性の尊厳とは。日本人にはそのギャップが理解できない。

今日の日本人は過去の歴史をほぼ直視しているし、決して愚かな行為を繰り返してはいけないと心に刻み込んでいる。また、被害を与えた国々にはこれまで多額の賠償(外務省HPに記載)をしている。また、日本は戦争の加害国でもあるが、原爆や大空襲で国内は壊滅し、また戦地に赴いた殆どの若者は戦闘や餓えなどで命を落としている。すべてが倍返しになり、その地獄のような苦しみを他のどこの国よりも経験している。

加害国の悲劇は罰として当たり前と言われても、真摯に受け入れるしかない。だが、すべて日本が悪く、最も憎むべき国、東日本大震災の時には、インターネット上で「喜び」や「お祝い」の書き込みがあるなど、そういう風潮が現在の韓国の中に蔓延しているのは非常に嘆かわしいことだ。

しかし、日本が大陸に進出しなければ韓国はハッピーだったのか。必ずしもそうではないと思う。当時の状況からすればロシア帝国が極東全体の領地を奪取し、現在の韓国はあったかどうか想像できない。さらなる悲劇とて十分考えられる。

過去の歴史について、韓国は一方的な被害者であり、すべて日本の悪意で進められたという論理が正しい認識かどうか、そこを疑い検証する必要もある。大体、どこの国も政治は胡散臭いところがあり、こうした経緯に至るには何かしらの問題があるものだ。

仮に、当時の韓国に強力な軍事力があったならばどうのような行動をとったか。おそらく日本と同じ道を辿ったのに違いない。そこは似た者同士で、韓国軍の従軍慰安婦や日本への侵略とて十分考えられる。結局AがBに、同じ状況が逆転しただけかもしれない。気質の激しさは日本人以上であるから、恐ろしさも半端ではないと想像してしまう。

こうして考えると、19世紀後半、日本が一歩先に先進国になっただけの差。結局、両国とも当時の植民地時代に巻き込まれた被害国であり、当時の弱肉強食の時代に戦くしか術(すべ)がなかったのも事実だ。「勝つか負けるか、生きるか死ぬか」で世の中は動いており、現在のような民主主義的な思考で物事を進められなかった時代の悲劇といえよう。

そうしたことも、歴史問題を考える大きな背景であり、お互いその上で理解していかなければならない。歴史の問題は政治的利害関係や一般人の感情が入れば解決は難しい。2国だけでなく、欧米など第3国の学者が入り、学術的に進めていくことが、最も公平で適正な判断ができるだろう。そうした結果を踏まえて、教科書に反映していけばよいのではないか。

ただ、お互い不利な事実ばかり出て来て、きっと歴史から目を反らしたくなるだろう。それも歴史問題の解決の一つかもしれない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog