So-net無料ブログ作成

「風立ちぬ」 巨匠宮崎駿監督に拍手! [文化・歴史・芸術]

  「風立ちぬ」、すぐに思い浮かぶのは80年代に流行った松田聖子の歌。

  宮崎駿監督の新作アニメ「風立ちぬ」で聞こえてくるテーマソングはさらに10年以上遡った荒井由美(松任谷由美)のひこうき雲。中高年以上の人にはちょっと懐かしく、いまの若者には不思議な新鮮さを感じることだろう。

  今回の映画は不思議な生き物たちが出てくる、これまでのジブリの独特な世界と異なり、堀越二郎という実在の飛行機好きの青年の生涯を堀辰雄の小説「風立ちぬ」を重ね合わせて描かれた物語である。大正から昭和の暗く重苦しい時代を戦闘機好きで、戦争嫌いな宮崎監督ならではの視点でリアルでファンタジーに美しい画面で仕上げている。絵そのものは芸術作品と言っていい。

  最近のアニメ製作はコンピュータグラフィック中心であり、映像表現は数倍可能性が広がったかもしれない。しかし、その計算尽くめで、無機質な画像はどうも違和感を感じる。あのディズニーでさえもデジタル映画製作に傾いており、昔の「白雪姫」や「ピノキオ」のような芸術性はあまりない。新しい技術やチャレンジを否定するわけではないが、何か大事なものを失っているような気がしてならない。多分、人の手のぬくもりかもしれない。

  宮崎映画にはアニメの職人集団がつくる繊細な高精度な技量がいっぱい詰まっている。その絵から彼らのプライドや尊厳が伝わってくる。単にストーリーだけでなく、絵のひとつひとつに思いが込められている。だから、この映画から心が揺さぶられ、強く響くのだ。

  5年ぶりの作品と聞くが、完成まで生みの苦しみが多々あったと想像する。しかし、日本にこのような映画があることは誇らしい。スタジオジブリに続き、もっと多くのアニメーター達も影響を受け頑張ってもらいたい。萌え系のアニメが席捲する現在は異常である。そこに大きな一石となることを切に願う。

  このような偉大な作品を制作してくれた宮崎駿監督に拍手を送りたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

「あまちゃん」、小泉今日子と薬師丸ひろ子の共演にクドカンの仕掛花火 [文化・歴史・芸術]

  NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が視聴率20%越えで絶好調。「じぇじぇじぇ!」もすっかり流行語。とにかくドラマに勢いがある。

  主役の天野アキ(能年玲奈)は役柄通りあまり目立つタイプではなく、どちらかと言えば普通の子に観える。だが、個性派だらけのベテラン脇役陣の中、その「普通さ」が逆に浮き上がってくるから不思議、彼女から溢れる「純粋さ、明るさ、天然?」が強烈な個性も跳ね飛ばしている感じだ。この絶妙なバランスがとてもナイスである。

  さて、このドラマの中で感心することがある。それは常に「人との絆」が主題になっていることだ。主人公アキを中心にみんなが人を想い、人を支えることに一生懸命になっている。そして、それぞれの立場(親、子、友人、知人、地域の人たち)で一緒に悩み、喜び、怒り、楽しみ、このドラマは進んでいく。忘れてはならない人間味のある生活や社会の大切さを天才脚本家、宮藤官九郎・クドカンはさりげなく訴えているのではないだろうか。

  そんな彼がこのドラマに様々な仕掛け花火をしているというが、私が最も驚いたのは、何と言っても小泉今日子、薬師丸ひろ子を同じドラマに登場させたことだ。

  この2人は80年代の国民的なスーパーアイドル、20年経った今でもその輝きを失うどころか、さらに魅力を増して「素敵な女優」になっている。でも考えてみれば同世代の彼女らはこれまで別々の道を歩み、ほとんど接点はなかったのではないか。ドラマでこの二人が対面する場面があると思うが、その時、どんな空気が漂うのだろうか、ドラマの役である天野春子と鈴鹿ひろ美、そして実在の小泉今日子と薬師丸ひろ子、同時に2人の人物像が大きく相乗し、劇的な場面になると秘かに期待している。さらに、鈴鹿ひろ美が自分のデビュー作「潮騒のメロディー」の主題歌を歌ったのが、実はアキの母親天野春子と知った時、果たしてどんなサプライズ場面があるのか、クドカンの仕掛け花火、実に楽しみだ。

  ドラマも後半に入り、やがて3.11の大震災に突入していく。今は芸能界のドタバタ劇が話の中心であるが、やがて生死をともなう壮絶なテーマが絡んでいく。現在の軽快なテンポから重苦しい内容をどのように料理していくか、これもクドカンの腕の見せ所。たとえ、悲惨な場面になろうとも、最後はオープニングのテーマ音楽のように、元気の出るエンディングに導いてくれると信じている。とにかく、毎日の展開が楽しみだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

トマトの鳥対策、釣り糸による防鳥。 [家庭菜園・農業]

トマトが成長し、実が赤くなり始めてきた。

この時、最も注意しなければならないのは鳥である。せっかく丹精込めて作ったトマトも先に鳥に食べられては意味がない。昨年は銀テープを周囲に巻いてみたが、効果はいまひとつ。小さな鳥はあまり関係なく、近寄ってくる。

今年は大玉のトマト(麗華)はキュウリネットで完全に囲ってしまった。しかしながら、10cmの網目なのでほんとうに大丈夫であろうか。

bb.jpg

それから、中玉(アイコ)は釣り糸を実の近くに張ってみた。この細くてキラキラ光る糸は鳥にとって非常に嫌なものらしい。それに期待を込めて張ってみたが果たしてその効果はいかに。今のところは大丈夫だがこれから実が熟してくると鳥たちも本格的に狙い始めるはずだ。糸をもっと張り巡らした方が良いのか、今迷っているところだ。

cc.jpg

とりあえず、この状態でしばらく観察することにする。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アベノミクスで経済好調に観えるが・・・。 [政治・政局]

いよいよ参議院選挙が始まる。どのメディアも自民党圧勝を予想している。民主党から政権を奪還し、日銀の戦略的金融緩和に進路を変えてから、市場経済は株高、円安に動き、企業業績も上昇傾向にある。長い間、不況の塩漬状態に苦しんできた国民にとってすべてが良い方向に進んでいるかに映る。

しかしながら、これも金融緩和という、これまで封印されていた打出の小槌から出る財源に手を付けているのを忘れてはいけない。 これは、もう一つの赤字国債(経済的麻薬)と同じで、一時的には気持ち良くさせてくれるが、依存し続ければいずれ自己破滅する。危ない道を選択したとも言える。

そもそも経済を血流に例えると、いまの経済は動脈や静脈のような太い血管だけぐるぐる回るだけで、全身に張り巡る毛細血管には血がほとんど流れず、細胞が死滅していく状況にあるのでは。マクロ経済がいくら活況でも、このようにミクロ経済が活性していなければ庶民の生活は良くなることはない。 マクロ経済がよくなればミクロ経済も準ずるという従来の概念は必ずしも成り立たなくなっているように思える。だから、そうした施策に傾倒することは危険だ。

根本的には政治による国民へのお金の配分を変えない限り、庶民の手元にお金はこないと私は考えている。そのためには、子供の教育費(無償化)や養育費(子供手当など)の負担を軽減させる政策が最も良い。これは前政権で大失敗した政策であるが、深刻な少子化問題と庶民の現役世代の生活難を改善にはこれが最も効果的と考える。 しかし、本当にお金に困っている人達やこれから社会を担う若者たちは、選挙や政治に無関心である。だから、いつまで経っても政治を変えることができない。ここに政治不変の根源がある。

自分たちの生活を良くするためには、まず自分たちが政治に関心を持たなければ決して実現できないことを自覚しなければならない。政治は政治家に任せるのではなく、国民がもっと注文を付けて選挙に臨むことが必要だ。 スマホでゲーム漬けになることよりも、もっと政治に関心を持つことが自分たちにとって大切なことに気が付かなければならない。そうしなければ社会的に病巣はさらに拡大していくだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog